日本の工作機械の注文は76ヶ月で900億円を下回りました

2019-09-30    互联网    1578

経済の先行指標である日本の工作機械の注文は弱くなってきています

「日本経済新聞」の報道によると、日本工作機械工業会(日本労働組合)は、9月10日のデータを発表しました。8月の日本の工作機械の注文(速達値)は37.1%減少して883億円でした。 76ヵ月後、900億円未満(約59億元)です。

報道によれば、日本の工作機械の受注は、停滞線として6月に1,000億円を下回り、現在さらに下落しています。

日本の内需は40.1%減の373億円、外需は34.6%減の509億円でした。

日本の労働組合は、「中小企業などの政府補助金の注文があるものの、全体的な注文は減少している。内需は予想よりも弱い。外需は貿易保護主義の影響を受け、米国は厳しい状況に直面している」と述べた。

さらに、8月のBonan Festivalで長期休暇をとっている日本企業が多くあり、前年に比べて就業日数が少ないため、注文に影響があると考えられています。

日本の工作機械メーカーDaxieの注文は31.1%減の111億円でした。 日本およびドイツの自動車に関連する注文は減少しています。 貿易保護主義の影響を受け、関税目標の拡大と関税引上げは依然として継続しており、同社は「米国の国内経済も懸念している」と述べた。

日本国内の工作機械メーカー

日本労働組合総裁の井村氏は、工作機械全体の受注額は1,000億円に達し、「収益性の水準」であると述べました。 日本の工作機械の受注は6月に989億円に減少し、32か月で1,000億円を下回りましたが、7月には1,013億円に回復しました。 2013年4月以来、初めて900億円を下回りました。